負担の大きい仕事

看護師の仕事を離れた人たちの多くは、仕事にやりがいを持っています。誇りを持っています。にもかかわらず離職したのは、職場に対する不満です。
それだけの仕事であるにも関わらず離職する職場に対する不満というのは、一体どういうものなのでしょうか。
一番なのは過酷とも言える勤務状況です。2交代制の夜勤、3交代制の準夜勤と新夜勤。これだけでもその厳しさは相当なものです。
さらに、先輩看護師の厳しすぎる指導や同僚との人間関係など、様々な理由で職場に対する不満がつのっていきます。
また、そうしたものを乗り越えたとしても、知識や技術、経験から考えると給与が安すぎるという問題もあります。
このように、ざっと上げただけでも看護師を取り巻く状況というのは大変なものです。
看護師の仕事は人の命に関わる仕事ですので、小さなミスですら一大事に繋がる可能性があります。そんな職場ですから、経験豊かな先輩が厳しく指導するのも時には重要でしょう。
しかし、そのために萎縮してしまったり、疲労によって重大な医療事故を起こしてしまう可能性すらあるのです。また、それに対する不安も看護師にとって大きなストレスとなるのです。
給与面の問題も深刻です。看護師の仕事は、経験とスキルが十分に給与に反映されているとは言いがたい状況です。夜勤があるため一見すると他の職業と比較して高給のように見えてしまいますが、夜勤を含む勤務シフトと業務の過酷さを考えると十分であるとは言えません。
看護師の離職と言っても、ライフイベントによる離職、例えば結婚や出産といった事由を除けば、基本的には別の職場に移るというのが一般的です。しかし、どこの現場でも同じような問題を抱えており、それらが外から見えているようなことはほとんど無いため、転職するにも実態がわからず、実際に勤めて見ないことにはどういう職場なのかわからないという問題もあります。
看護師の仕事は患者さんを相手にした人と接する仕事です。人と接する仕事はマニュアル通りに物事が進むということはありません。横暴な態度に出る人やどうしようもない不良患者というものも存在します。
また、患者さんの中には医師は偉く、看護師は下だという考えを持っている人もいます。こうした人たちにも公平に接しなければなりません。
看護師という仕事にやりがいと誇りを持ちながらも、どうにもならない心の負担を抱えてしまったときは、何らかのストレス解消法や悩みの解決法を実践する必要があります。
こちらのサイトはストレス解消法等が載っていてお勧めですよ。
沖縄在住カウンセラーの『なんくるないさ~』

Leave a comment!

  • 2016年8月
         
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • タグ

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 固定ページ