眼科の看護師

眼科の看護師の仕事は、専門性が高く、手術が多く、所要時間が短いので、術後の観察に忙しい仕事です。手術前、手術後の説明や患者指導、血管確保などの処置や術後の観察は重要な仕事です。手術後に一時的に視力が不安定になるケースが多くあり、食事の介助や服薬指導など日常生活のケアも欠かせない看護業務の一つです。
白内障、緑内障、網膜剥離が主な疾患で、一般の疾患と違うところは、視野が妨げられている分の精神的なケアが必要で、些細なケアの重要度が高いことです。
視力が下がっている人にとっては、服薬が大変な作業になります。食事の時も同様なことです。
眼科の看護師は、医師の医療サポート以外に、患者の身の回りのサポートも必要です。高齢の患者が比較的多いので、何度も同じことを聞かれるようなケースもあるので、コミュニケーション力も重要なことです。細かい作業が多いことも特徴です。
洗眼や点眼などの処置は多く、視力検査や眼圧測定、視野検査・眼底検査・超音波眼球検査など様々な検査を行います。専門的な何種類もの検査機器を使いこなす必要もあります。手術のサポートなどもあります。患者は、幼児から高齢者まで様々ですので、柔軟な対応が必要です。その他、外来は多いです。
一人暮らしの高齢者の場合には、日帰り手術であっても入院することもあります。看護がつきっきりになるような重篤な患者はいません。
白内障の手術の場合では、前日か当日に入院して、術後は2日か3日の安静が必要というパターンが一般的です。目が見えるようになった人の喜びは大きく、その点が遣り甲斐になる大きなものです。
反面、網膜剥離などの手術は、視力喪失の可能性があるので、患者は大きな不安を抱えます。そのような時に、眼科の看護師のしっかりした支えが必要になります。患者に寄り添い、不安の解消に細心の注意をはらいます。
パソコンや携帯電話の画面を長い時間見ていることで、構造上にデリケートな部分が多い眼は、ドライアイや眼精疲労などを発症することも多いです。
眼科でも外来診療だけのクリニックと、手術や入院も可能なクリニックや病院があります。レーシック手術を専門のクリニックもありますので、それらは、看護師の仕事の内容もちがいます。
レーシック眼科は給与面では優遇されておりますが、保険が適用されていなく、年中無休なところが多いので、勤務はシフト制になっているところがほとんどです。
このように眼科の看護師の仕事はとても神経を使うものです。日頃からのストレス解消法を身につけておく必要があるでしょう。

Leave a comment!

  • 2017年12月
         
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグ

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 固定ページ