看護師の留学について

看護師のみならず、海外に住みたい、海外で働きたいという人はたくさんいることと思います。看護師の中にも、海外で働いてみたい、海外に住んで英語を話してみたいなどという人はたくさんいます。
医療は国によって違いの大きい分野です。日本でも、難病の子供が日本で受けられない手術を行なうためにアメリカへ治療に行く、などというニュースが報道されたりします。日本でできないことも、海外ではできることもあるのです。
そういった海外で働きたい看護師の夢をかなえるのが、看護留学です。看護留学をすると、もちろん海外の病院で勤務することになります。生活も海外で送ることになります。まず、一番大切なのは言葉です。日本でもそうですが、医師や患者、看護師同士との信頼関係を築くためにはコミュニケーションが必要です。
夢に任せて海外に留学したのはいいけれど、言葉がまったく分からず、生活どころか仕事にも支障をきたすようでは話になりません。自分が留学する土地の言葉や文化を理解し、必要最低限の生活用語と、医療用語は聞いたり話したりできるようにしましょう。国によっていろんな違いはありますが、海外の看護師事情は日本とはぜんぜん異なります。給料やボーナスが高かったり、残業が少なかったり、休日が多かったりと魅力的です。
また、日本では認められていないような行為を看護師ができるなど、看護師としての幅も広がります。また、看護師の海外留学を支援している団体もあるようです。海外で働いてみたいけど、何かと不安だという方は、そういった団体を通じて留学すると、困ったときも相談できるので安心です。
現在の看護師の仕事で行き詰ったりストレスを感じているという人は、思い切って海外に目を向けてみるものひとつかも知れません。

Leave a comment!

  • 2017年12月
         
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグ

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 固定ページ